主人を克服するブログ(仮)

何を考えているのか分からない主人が怖い

【7日目】もやっとする

今日は主人に対して、いろいろともやっとする事がありました。

①寄せ箸(お箸突き刺してお皿を移動させる行儀悪い行為)

②子どもに対して、 
  『背中マッサージして』
  『パンツ、洗面所に持ってきて』
  『爪きりどこー?』 
  いろいろ指図したり訊いたりすること

③『近所の人、○○らしいよ』と私が言うと、
  『母さん(義母)に確認してくる』と、わざわざ確認しに行ったこと




②と③は子どもや義母に対しての嫉妬ですね、分かってるんですけどね。

主人にとって、私が最優先であって欲しいんです。

かと言って、
②のようにあれこれ言われると『私は家政婦じゃない(怒)』となるのも想像できます。


主人のこんな些細な言動で、すぐ気持ちがグラグラ不安定になってしまいます。

 
この『寂しい』をうまく伝えられず、『怒り』として主人にぶつけてしまうのです。