主人を克服するブログ(仮)

何を考えているのか分からない主人が怖い

【15日目】夜遅くまで付き合うのは

昨夜の帰りが0時近くとかなり遅かった主人

ものすごーく眠かったけど、夕飯の支度をして(温め直しただけだけど)主人の夕飯に付き合いました。


以前主人から『自分の帰宅が遅いから仕方ないけど、夕飯支度だけして先に寝られるのが寂しかった』と言われたことがあるので、
昨夜はかなり無理して、一緒にテレビを見ました。 


番組も終わり、主人が『もう風呂入る』とさっさとテレビを消して退室してしまいました。
ただ、これだけの事なのに、私はなぜか悲しくなったんですよね。

『私と2人の時間を過ごす為の時間潰しの番組も終わったし、一緒にいるのが嫌だから逃げる』と言う意味にとれたから。
主人には全然そんな意図は無いのかも知れませんが、そんな風に思えたのです。

被害妄想ですが、私の根底に『主人に嫌われているる』という思いがあるので、どうしても悪い方に考えてしまいます。

あと、
『明日も早いのに、頑張って夜遅くまて付き合ってやっている私に感謝してよ』という自己中思考もあるから、素っ気ない主人に苛立ったのです。




一晩経ったら、大した事じゃ無かったように思えます。
夜は何かと悪い方へ考えてしまうようです。