主人を克服するブログ(仮)

何を考えているのか分からない主人が怖い

【23日目】見当違いなら恥ずかしすぎる!

我ながら根に持つタイプだと呆れていますが
手を振り払われてから『もしかして浮気してる?』という少しの疑いが湧いてしまいました。

大切な彼女が居るのなら、煩わしい私に触れられるなんて気持ち悪いだけですもんね…

完全に被害妄想入ってしまって、主人のどこかに『浮気の証拠』が無いかと探してしまいます。


そう言えば…  と思い当たった節があります。





以下、下世話な内容になります。







それは『朝勃ち』と呼ばれる現象が見られない事です。

男性の生理現象はよく分からないので、あくまでも自己判断ですが、
以前の主人にはその現象があったように思います。

寝姿での判断で、以前は股関の部分が膨らんでいたような気がします。

それがここ最近無いような…  それとも元からこんなカンジ?


彼女としているから、そんな現象は起きる必要が無いとか?


今までそんな箇所をマジマジと見たことも、意識したことも無かったので、
そんな気もするけど、気のせいかも知れない…レベルの話です。




陰湿でつまらない想像です。

自分が主人に拒否された原因は
『私では無く主人にある』と思いたいが為の、自己保身の考え方だって分かっています。