主人を克服するブログ(仮)

何を考えているのか分からない主人が怖い

【24日目】単に愚痴を吐き出しているだけで、努力していない

昨日も『主人が休みで子どもが習い事の日』でした。

『子どもの習い事の曜日は決まってるんだから、シフト作成時に休みを避けるとかすればいいのに…』と思ってしまう私もどうしようもないですね。

それくらい主人との関係に疲れているのかも知れません。

主人に対して何かアクションを起こす気力も出てきません。



それでも夕飯を2人でするために、主人のご機嫌をとりましたよ。
夕飯の支度をする私を横目に早速ビールを開ける主人
つまみにお菓子を食べようとしたので、急いでつまみも用意しました。

以前主人が美味しいと言ってくれた一品やすぐ食べられる冷や奴やおひたしを出しました。

そんなこんなでやっとメインも出来上がり、私も食卓に着いて早々
『腹一杯になったー』とタバコを吸い始めてしまったのです。

私はこれからなのに、食事をする横でタバコって…とムカッとしました。

何も手伝わない、夕飯開始の時間も守らない、自分だけ満腹になればそれでいい…
こんなの『一緒に食事する』って言わない!


私の常識や『○○すべき』という考えを主人に押し付けるから、こんなにもイライラするのでしょうね。