主人を克服するブログ(仮)

何を考えているのか分からない主人が怖い

【40日目】昨日の鬱屈から一転

・寝室に子どもを連れてきたこと
・私と離れた場所に別に布団を敷かれたこと
・最近遅番シフトが続くこと
 
この3点から
『主人は私とダブルベッドで寝ることを嫌がっている』 
『私を嫌っている』と結論付けて勝手に落ち込んでいました。




そんな昨日、主人は休みでした。

私とは反対に何やらご機嫌な様子でした。
珍しく私にメールを送って来たり、業務連絡ですが電話してきたり。

そんな主人の様子につられてか、いつも通りに生活していくと大分私の気持ちも落ち着いてきました。

夕飯に出したアジフライを絶賛されたのも大きいですね。(単純)



別に敷いた布団を元に戻しても何も言われなかったし、同じ布団でいつも通り一緒に寝たし。
マッサージも頼まれたし。


『なんだ、布団を別に敷いた事に対した意味なんて無かったんだ!』と思えるようにまで復活



主人の言動にいちいち反応しないって決めていたのに、まだまだ不安定なようです。






もしかしたら主人も私の様子が違うことに気付いたか、先日の『営み』がうまくいかなかった事を気にしたのかも知れません。
主人なりに私を気遣ってくれたのかも?

また今日から頑張って、あれこれ主人に仕掛けていきます!