主人を克服するブログ(仮)

何を考えているのか分からない主人が怖い

【42日目】マザコン疑惑

常々感じてはいたのですが、主人には『マザコン』の気があるようです。



昨日義母に『明日早めに起こして』と頼んでいたし、実際今朝は義母が私たちの寝室に入ってきて主人に声を掛けていました。

私は既に起きていましたが、何となく夫婦の寝室に入られるのはいい気分ではありませんね…


『私だって毎日主人を起こしているのに』というやきもちと、主人にあてにされてないという寂しさです。







主人のマイナス面として、この点は以前から気になっていたことです。

・地区の行事等は義父母に全て任せる
・子どもの行事も義父母に全て任せようとする(私が阻止するけど)
・私の言った事を義父母に一々確認する
・私の義父母への不満を筒抜けにする
・私の身体的な事、実家の事など『内緒に』とお願いしても、すぐ伝える
・自分に都合悪い事は隠す
・ちょいちょいお金を無心する
・義母に八つ当たり


わー、次々と出てくる!
もういい大人なのに、相変わらず『義父母の子ども』という楽な立ち位置に居ようとする事が気に入りませんね。






愚痴ばかりになってしまいましたが、
結局の所 私の望むように主人をコントロールしたいのです。

そんな事出来るわけもないし、そんな夫婦関係は健全ではありません。

『義父母に甘える頼りない主人』を認め、『そんな主人に苛立つ自分』も仕方ないと許せるのが理想的ですが、
まだまだそんな境地にはたどり着けません。