主人を克服するブログ(仮)

何を考えているのか分からない主人が怖い

【43日目】地区の行事と夫婦仲

先日地区のお祭りがありました。

例年 仕事を理由に不参加を続けてきた主人

今年はそうもいかず渋々参加する事となりました。



こういう地区の行事って基本的に夫婦単位で参加しますよね。

夫が表立った役、妻はお勝手仕事などの裏方 みたいな。

毎年私だけ参加し『主人は仕事で参加出来ずに申し訳ありません。』と謝ってばかりでした。



渋々参加の主人、朝から『お腹痛い』とトイレに籠もったり、『この祭りのせいで仕事が滞った、今日は徹夜だ』とイライラをぶつけてきたり。

その態度につられて私も不機嫌になりかけましたが、そこは気持ちを切り替えて。

『主人はお祭りを面倒がっているけど、私は楽しみ!私は楽しむよ!』と、率先して参加しました。





無事お祭りも終わり、心地よい疲労

主人も何だかんだ言って『参加してよかった』と上機嫌で帰ってきました。
それを聞いて私も嬉しくなりました。


『仕事が滞ったから徹夜』と言っていたのに、結局職場には行かなかったし。




今まで
『地区の行事には夫婦で参加すべき』
『参加しない主人のせいで私は肩身が狭い』
と主人に不満ばかりでしたが、
今年は一緒に参加出来て楽しかった!

来年も主人が参加してくれたら嬉しいけど、そこは主人の考えで。
私が無理強いする事ではありません。





夫婦仲がギクシャクしていると、こういう地域の行事や季節の行事が苦痛でした。
夫婦仲の悪さを世間様に晒してしまうようで…