主人を克服するブログ(仮)

何を考えているのか分からない主人が怖い

【62日目】ケータイは見ない

ケータイは肌身離さず持ち歩く主人

トイレもお風呂も持ち込みます。


万一家に忘れようものなら、仕事に遅刻しようが中抜けしようが血相変えて(るように見える)取りに戻ってきます。




きっとあの中には、私の知りたい事・知りたくない事が全部入っています。

でも!主人のケータイだけは見ません!






以前の浮気発覚はケータイを見てしまったから。
機種変更した古い方のケータイのメールを見てしまいました。

何年経っても忘れられません。

主人『また会いたい』
彼女『私も早く会いたいです』

ものすごい衝撃でした。

その少しまえに主人の車から避妊具を見つけた時よりショックでした。




そして
『ごめん、前のケータイ見ちゃった。』
と言った時の、主人の顔色がどんどん青ざめていく様子まで、まだ鮮明に覚えています。



ケータイを見た私も信頼を失ったし、その後何をしても結局浮気の事実は忘れられないし。

疑惑は疑惑のままでいい。
離婚を考えているなら証拠集めのためにもはっきりさせた方がいいけど、
そうでないならケータイだけは見ちゃいけない。


今こうやって『怪しい』『コソコソ何か隠している』と疑ったり悲しんだりしているのは
やっぱり主人が好きだから。

主人の気持ちが私に向いているか不安で、
だからこんなに気持ちや言動が右往左往ジタバタしているのです。