主人を克服するブログ(仮)

何を考えているのか分からない主人が怖い

【86日目】様子見と似た者同士?

『ご褒美大作戦』の一環

主人の朝ご飯を配膳しながら
『近場のイルミネーション、今年はどんなだろうね? 今年は行ってみたいなー』
と提案


まだ私が話しかけているのに(『今年は…』のあたり)
遮るように、眉間にしわ寄せて『これ、おかわり』とお椀を指で叩く主人

この、指で叩きながら指図する主人の仕草も偉そうでイヤなんですよね。



途中で遮られてちゃんと伝わったかは疑問ですが、私からは誘いました。
それに対して主人からの反応はあるのか無いのか、しばらく様子見です。
    






ふと気付いたのですが、
この話を遮るのって【83日目】に私が主人に対してやっていた事と一緒なんですよね…

その時の主人も、今の私と同じようにイヤな思いをしたのかも知れません。

実は、主人と私って似た者同士なのかも?




これからは、もうちょっと主人に対しての反応を反省して、
『自分がされたらどう思うか』を考えて行動してみます
こんな当たり前の事 他の人に対してなら出来るのに、主人に対しては出来なくなるんです!(夫婦あるある?)